三土会すべての人に痛みのない生活を
病院紹介
国立国際医療研究センター http://www.ncgm.go.jp/

国立国際医療研究センターでは、年間人工膝関節約140件、人工股関節約60件を行っています。変形性関節症、骨壊死、関節リウマチをはじめとして、再手術や感染など難度の高い症例まで、さまざまな患者さんにきめ細かく対応することを目標としています。

整形外科長
桂川陽三医師
伊奈病院 http://www.issin.or.jp

埼玉県の大宮の北東に位置する伊奈町の中心部にあります。整形外科は、スポーツ整形、人工関節、骨粗鬆症、関節リウマチなどを、手術、リハビリを含めてとても充実しており、知る人ぞ知る病院になっています。
高齢者運動器疾患研究所のホームページもご覧下さい。http://www.oie.or.jp

整形外科部長
石橋英明医師
東京都健康長寿医療センター http://www.tmghig.jp/

2009年4月から、これまでの東京都老人医療センターと東京都老人総合研究所が合併して新たな名称となりました。一般の医療機関と比較してかなり高年齢の方々の人工関節手術件数が多いのが特徴です。また研究所や大学病院と協力した基礎研究や臨床研究を行い、治療の成果を次世代に活かすべく日々がんばっています。

整形外科医長
濱路博医師
JR東京総合病院 http://www.jreast.co.jp/hospital/

当院では、股関節、膝関節それぞれの専門チームが長年にわたり人工関節手術に取り組んできました。特に人工股関節の症例数は年間約270〜300例に達しており、その豊富な手術経験を生かした様々な工夫により、質の高い人工股関節手術を実現しております。詳しくは当院ホームページの股関節専門外来をご覧ください。

整形外科担当部長
深谷英世医師
東京山手メディカルセンター http://yamate.jcho.go.jp/

大久保にある東京山手メディカルセンター(旧社会保険中央病院)では、膝関節に対しスポーツ障害(靭帯損傷、半月損傷、膝蓋骨脱臼)から高齢者の変形性膝関節症まで治療しております。特に高齢でもスポーツ活動を続けたい方には、高位脛骨骨切り術を積極的に行っております。

整形外科医長
田代俊之医師